<他実務補習所リンク>
  *東海実務補習所(前期日程表)
  *近畿実務補習所
  *九州実務補習所

お知らせ

* 【J3(2015年期生)】「IFRS概念フレームワークに基づく会計処理」ゼミナールについて
 

平成29年12月13日

J3(2015年期生)各位 

 

「IFRS概念フレームワークに基づく会計処理」ゼミナールを以下のとおり実施します。
なお、本ゼミナールへの参加は事前エントリー制となります。エントリーのない場合は参加を認めないこともありますので注意してください。
また、参加者のいない補習所・支所では実施せず、グループディスカッションを実施できない人数となった際は相談のうえ実施を見送る場合もあります。
参加を希望する補習生は、3.ゼミナールへの参加方法を参照の上、期限までに申し込みを行ってください。

実務補習の修了には「ディスカッション及びゼミナール15単位以上の取得が必要です。
[2015年期生から]J2又はJ3で実施するゼミナールによる単位を3単位以上含むことがあわせて必要です。

 

1.実施日時

【東京実務補習所】※いずれかの実施日にエントリーしてください。
実施日①平成30年1月26日(金)18:00~
実施日②平成30年2月10日(9:30~
 
【他の実務補習所・支所】※参加者のいない補習所・支所では実施しません。
 全所共通平成30年2月10日(9:30~
 ※東京と全国をライブ配信でつないだ合同ゼミナールとなります。

 

2.実施場所

【東京実務補習所】
 公認会計士会館  地下ホール

【東海・近畿・九州実務補習所】
 各補習所の研修会場で実施しますので各補習所の日程表を確認してください。

【各支所】
 各支所研修会場 ※各支所の研修会場で実施しますので各支所の日程表を確認してください。

 

3. ゼミナールへの参加方法

 
会場手配の都合上、本ゼミナールへの参加は事前エントリー制となります。
下記の事項を記載したeメールを「ja@jfael.or.jp」宛てに【1月12日(金)17時】までにお送りください。
(個々のエントリーメールへの返信は行っていません。ご了承ください。)
なお、継続生の受講は補講(有償)となり、エントリー後に補講受講料(3,000円)の事前支払が必要です。

 東京実務補習所他の実務補習所各支所
メール
件名:
【東京】J3IFRSゼミ申込【○○】J3IFRSゼミ申込
 ※○○には所属補習所名を入力ください
【○○支所】J3IFRSゼミ申込
 ※○○には所属支所名を入力ください
メール
本文:
①氏名①氏名①氏名
②カード番号②補習所名②支所名
③期③カード番号③カード番号
④班④期④期
⑤参加希望実施日
(1/26 or 2/10)
【修業年限短縮者のみ】
⑤修業年限短縮申請書提出の有無
【修業年限短縮者のみ】
⑤修業年限短縮申請書提出の有無
【修業年限短縮者のみ】
⑥修業年限短縮申請書提出の有無


 

4. テーマ

 別紙のケーススタディ PDFを事前によく読み、関連するIAS/IFRS基準等の理解を深めるよう準備をお願いします。
 ※ディスカッションはケース1(減価償却)とケース2(会計方針の変更等)となり、ケース3は事例紹介となります。

 

5. その他

 ※本ゼミナールはeラーニング「会計411 IFRS概念フレームワークに基づく会計処理」の講義内容を踏まえたケーススタディを予定しています。参加を希望する補習生はeラーニングサイトから講義映像を視聴し、事前準備をお願いします。
 ※本ゼミナール参加当日は、IFRSの各基準を網羅的に解説した書籍(なるべく最新のもの)の持参をお願いします。

 

以  上

pagetop