≪JFAELセミナーの

       シリーズ一覧≫

 

■体系的な教育プログラム

■最新トピックセミナー

■税理士対象セミナー

■役員・経営幹部向けセミナー

■ディスカッションプログラム

■ワンストップ・セミナー

 

 

メール配信

研修会開催情報をメールで配信します。

【過去に開催した研修会】

 

ワンストップ・セミナー

 

 

 

 当財団では、企業活動における重要なテーマを取り上げ、様々な視点から多面的な理解を深めることができるものとして、ワンストップ・セミナーを開催しています。

 

 開催日

 平成30年11月28日(水)10:30~17:00

 

 開催地

 東京・札幌・名古屋・大阪・福岡

 ※東京において開催するセミナーを、札幌・名古屋・大阪・福岡の各会場にライブ配信します。

 

 プログラム

 

[セッション1] 

10:30~12:00

○ブロックチェーン等の分散型台帳術とその応用

  田中大輔氏(野村総合研究所 プリンシパル 上級コンサルタント)

[概要]

 昨年の仮想通貨バブルは年末にはじけ、今年に入って仮想通貨交換所からの流出事件などもあり、仮想通貨への注目はやや落ち着いた感があります。その一方で、ビットコインを実現するシステムとして誕生したブロックチェーンは、金融分野だけでなく、様々な産業への応用が期待され、日々進歩しています。ビットコインのブロックチェーンを改良したとされる「分散型台帳」が多数発表され、競い合っている状況です。

 このブロックチェーン/分散型台帳とはどのような特徴を持った技術なのか、そして、この技術が、企業活動にどのような影響を与えうるのか、各種の実証実験などを紹介しながら概説します。

≪休 憩  90分≫

[セッション2] 

13:30~15:00

○資本コストと経営

  川北英隆氏(京都大学名誉教授)

[概要]

 最初に、資本コストの概念と、その推計方法を簡単に整理する。その後、資本コストと企業経営の関係を考えます。

 資本コストの推計のコアとなる株主資本のコストは投資家の期待値であるため、推計の方法によって異なった値が算出されます。とはいえ、企業が株主資本を有効に使っているかどうか、この点を投資家がどのように評価しているのかは時系列的に簡単に振り返ることができます。それが、株式のPBR(株価純資産倍率)です。この観点をも含め、日本企業の経営の現状を分析しつつ、資本コストを上回る経営に何が必要なのかを考えていきます。

≪休 憩  30分≫

[セッション3] 

15:30~17:00

○実効性の高いグローバル「会計」ガバナンスの「設計」と「運用」

 脇 一郎氏(株式会社JBA ホールディングス 代表取締役)

[概要]

 近年、上場企業の海外子会社における会計不正事件が相次いで発覚しています。企業のビジネスのグローバル化が加速するなか、経理財務部門には海外子会社を含めた実効性のある「会計」ガバナンスの役割が求められています。ただ、残念なことに多くの日系企業が特に海外子会社のガバナンスに苦労しているのが現実です。

 今回のセミナーでは、特にガバナンスが進んでいる外資系企業における「会計」ガバナンス先進事例を用いて、具体的な手法とその運用や留意点について解説をします。また、 これらを実際に運用できる「人材教育」にも言及します。

 

 

 主催

 一般財団法人会計教育研修機構(JFAEL)

 

 共催

 証券会員制法人 札幌証券取引所/日本公認会計士協会東海会/日本公認会計士協会近畿会/日本公認会計士協会北部九州会

 

 後援

 一般社団法人 日本経済団体連合会/一般社団法人 中部経済連合会 /公益社団法人 関西経済連合会/

 一般社団法人 九州経済連合会/株式会社日本取引所グループ/株式会社東京証券取引所/株式会社名古屋証券取引所/

 証券会員制法人 福岡証券取引所/日本公認会計士協会北海道会/日本公認会計士協会東京会/

 日本公認会計士協会京滋会/日本公認会計士協会兵庫会

 

 会場

  [東 京地区] 大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー5階「東京金融ビレッジ」(定員150名)

 

≪以下の会場は、東京会場からのライブ配信にて実施予定です≫

  [札 幌地区] 札幌証券取引所(定員50名)

  [名古屋地区] 日本公認会計士協会東海会(定員80名) 

  [大 阪地区] 日本公認会計士協会近畿会(定員80名)

  [福 岡地区] 日本公認会計士協会北部九州会(定員50名)

 ※ライブ配信会場は、今後、追加となる場合がございます。確定次第、本ページにおいてご案内します。

 

 参加料

 無 料

 

 お申込み 

 

 以下の申込フォームからお申込みください。

 

 

※公認会計士の方・実務補習生の方

[JICPA CPE単位](予定)

公認会計士の方は、日本公認会計士協会のCPE単位を取得することができます。

単位数:各セッション2単位 

[実務補習単位](予定)

実務補習生は、実務補習所の講義(認定研修)の単位を取得することができます。

単位数:各セッション2単位

<注意>

※認定研修で取得できる講義単位には上限があります。

 単位認定の上限=J1:21単位 J2:6単位 J3:3単位

 

 

 

◆先着順で申込を受け付け、定員になり次第締切りとさせていただきます。
◆受講票は、お申込み後2営業日以内に、ご登録のメールアドレスにお送りさせていただきます。
◆ご記入いただいた個人情報は、本セミナー及び関連するその他のセミナーのご案内に使用いたします。

 ※当日は受講票をプリントアウトしてご持参ください。

 

 

 

pagetop