◆新着情報◆

平成29年10月13日

<申込受付開始>

第9回ワンストップ・セミナー「フィンテックの進展が企業経営に及ぼす影響」

平成29年10月6日

<申込受付開始>

応募期限:10月25日(水)まで

第2期「ディスカッション・トレーニング講座」

平成29年10月2日

<申込受付開始>

「バリュエーションの基本と実務」(第3回)

「法人税法の基礎講座」(第4・5・6回/東京・大阪)

「連結納税制度の概要と実務上の留意点」(第2回)

「内部通報制度の整備・運用について」

「IFRS第17号「保険契約」の概要と課題」

次回更新:平成29年11月1日(予定)


◆配信セミナー◆

ライブ配信

(調整中)

録画配信

平成29年9月25日

<申込受付開始>

≪会場:名古屋・大阪≫

平成29年度開講「国際財務報告基準(IFRS)基礎講座」(全10回)

「バリュエーションの基本と実務」(全3回)

≪会場:札幌・福岡≫

「IFRS入門講座」(1日コース)

配信に関するお問合せはこちら

 

メール配信

研修会開催情報をメールで配信します。

【過去に開催した研修会】

 

体系的な教育プログラム

「経営」と「現場」をつなぐ

「“会計力向上”ディスカッション・トレーニング講座」(全5回)

 

応募期限:平成29年2月10日(金)  

定員:20名(応募者多数の場合は抽選となります。)  

 

 

    ●企業価値向上につながる「会計人材」         

 激変する経営環境の中で持続的に企業価値を高めていくためには、過去から現在までの経営状況の成果を客観的に捉えつつ、将来に対する処方箋を経営層に提案する「会計力」が、従来にもまして重要になってきています。
 一方、決算業務の早期化に加えて、複雑化する会計制度への対応も余儀なくされる経理・財務部門においては、立ち止まって考える余裕もないまま、目の前の業務をこなす日々が続いているのではないでしょうか。
 本来、経理・財務部門は、「会計」という共通言語を駆使して、「経営」と「現場」をつなぐ役割を果たす存在であり、当然、そこには現場を通じて、多種多様な情報が集まります。それらを財務会計や管理会計というツールを用いて、事業を推進する「道しるべ」に換えたり、現場での課題を解決するヒントを提案したりすることができる唯一の存在ともいえます。
 持続的に企業価値を高めていくためには、時には毅然として「現場」を説得し、「経営」に進言する姿勢と高いコミュニケーション能力を備えた「会計人材」が求められます。さらに、このような「会計人材」を計画的に継続して育成していくことも重要なポイントと考えられます。

 

    ●本コースのねらいと内容         

 本コースは、毎回、多くの企業が現場で遭遇する課題と会計上の論点がリンクしたテーマを題材に取り上げ、4名~5名を1グループとして、多様な受講者同士でのディスカッション方式を採用したアウトプット型のものです。
必ずしも答えが画一的でないテーマについて、自分の経験や知識を踏まえ、他者の意見も聞きながら、グループで一定の成果を導き出すプロセスを大事にしていきます。
 そのうえで、各グループによるディスカッション成果を発表し、参加者全体での共有も図り、実務対応力を養います。
 また、参加者間での人的ネットワークづくりにも役立てられるよう、講師も交えた懇親の機会も設ける予定です。

 

    ●対象者と期待される研修効果         

  (対象者)
   ・一定の実務経験を有した経理・財務担当者、経営管理担当者、若手会計専門家など

   ・全5回を継続して参加できる方(定員約20名、応募者多数の場合は抽選となります。)
  (研修効果)

   ・会計が経営変革ツールであることを理解し、将来の経営を担う会計人材への足がかりとする

   ・個々の会計基準を貫く横断的な考え方を身に付け、日常業務に活用する

   ・事業や現場の課題を可視化したうえで、解決策を提案できるコミュニケーション能力を身に付ける

 

 なお、本セミナーはJFAEL会員は無料で参加できますので、まだ会員でない方はぜひこの機会に会員加入をご検討ください。会員についての詳細は、「会員加入のご案内」をご覧ください。

 

「“会計力向上”ディスカッション・トレーニング講座」(全5回) 

講師:若松 弘之 氏(公認会計士) / アドバイザー:布施 伸章 氏(公認会計士)

論 点

講 師

日 時

 

第1回

論点:売上債権や棚卸資産の評価
・適切な与信管理の枠組みがなく、またタイムリーに

 滞留債権を把握しておらず、適切な貸倒引当金計上

 が行われていない!

・膨大なモデルの製品を抱えており、製品の期末評価

 において市場価格の把握が困難! 滞留在庫の管理も

 後手に!

平成29年 2 月22日(水)

18:30~20:30

第2回

論点:有形・無形固定資産の評価
・M&Aを実行した経験に乏しく、過大な金額で買収!

 多額ののれんを抱えてこれからどうする!?

・収益性の低下や業績悪化が継続している事業部門に

 ついて、現場の反発がある中で、どのように減損を

 検討すればよいのか?

平成29年 3 月16日(木)

18:30~20:30

第3回

論点:引当金の見積り
・期末の賞与引当金計上に関して、毎度支給見込額と

 実際支給額に多額の乖離が発生! 度重なる監査上の

 指摘を受けている。

・損害賠償請求の訴訟が発生! 引当金計上とすべき

 か、偶発債務の開示とすべきか?

平成29年 5 月31日(水)

18:30~20:30

第4回

論点:収益認識、その他
・販売部門が適切な売上計上基準を理解しておらず、

 全て出荷基準で処理されているが、検収されるまで

 は在庫なのでは!?

・研究開発や製造工程において、どこまでが研究開発

 費となり、どこからが資産計上すべきかの方針が

 ない!

平成29年 6 月 7 日(水)

18:30~20:30

第5回

論点:事業計画、総まとめ
・経営層の税効果会計に対する理解が不十分で、繰延

 税金資産計上の判断根拠となる事業計画ができてな

 い!?
・経営に活かす「会計力」とは?

・「経営」と「現場」を上手くつなぐ「会計人材」を育成す

 るためには?

平成29年 7 月11日(火)

18:30~20:30

会場 東 京:大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー5階「東京金融ビレッジ」
主 催 一般財団法人 会計教育研修機構(JFAEL) 
参加料

JFAEL

会員

法人会員:3名まで無料(4名からは1名3,000円)

個人会員:無料

非会員
1名 各回10,000円

単 位

(予定)

CPE
各回 2単位 ※日本公認会計士協会のCPE単位を取得できます。
実務補習
各回 2単位 ※実務補習所の単位を取得できます。
※本セミナーは受付終了しました。

◆お申込みが定員を超えた場合は抽選となります。

◆2月13日(月)までに受付が完了した方のみ受講票を発行します。

◆参加料は、セミナー終了後、翌月上旬頃に請求書を郵送にてお送りさせていただきます。

 

 

pagetop