≪JFAELセミナーの

       シリーズ一覧≫

 

■体系的な教育プログラム

■最新トピックセミナー

■税理士対象セミナー

■役員・経営幹部向けセミナー

■ディスカッションプログラム

■ワンストップ・セミナー

 

 

メール配信

研修会開催情報をメールで配信します。

【過去に開催した研修会】

 

最新トピックセミナー

 

 

 

 本セミナーの目的は、主に金融機関等における経理財務部門およびリスク管理部門の実務担当者向けに、本年より適用が開始されているIFRS第9号の減損に係る適用事例の紹介を交えながら実務対応上のポイントを解説することにあります。

 具体的には、よりフォワードルッキングな予想信用損失モデルに基づく会計処理において必要となるステージ判定、測定方法、将来予測等の主な論点に係る実務対応上のポイントと、海外金融機関が公表しているIFRS第9号に係る開示例やTransition Report等に基づいた適用事例等を解説します。

 なお、企業会計基準委員会は、金融商品に関する会計基準について、基準改訂に向けた検討に着手するか否かの検討を開始している旨をアナウンスしており、コンバージェンスに向けた動向の理解にも資する実務的な内容を予定しております。皆様のご来場をお待ちしています。

 

   (1)概要

      ・ 基準書のポイントおよび日本基準との相違点

      ・ 金融機関等が適用する場合の実務上の論点

      ・ 開示のポイント

   (2)ステージ判定における主な論点と適用事例

      ・ 基準の主な要求事項及びガイダンス

      ・ SICR判定の考え方

      ・ SICR判定の指標

      ・ SICR判定の閾値

      ・ リテール債権のSICR

      ・ デフォルトの定義とステージ3の関係

      ・ ステージ復帰の考え方 等

   (3)予想信用損失の測定における主な論点と適用事例

      ・ 予想信用損失測定の方法

      ・ 測定に使用するパラメータ等の考慮事項

      ・ 損失測定期間の考え方 等

   (4)将来予測における主な論点と適用事例

      ・ 将来予測の概要

      ・ マクロ経済指標の候補及び選定

      ・ シナリオの数及び発生確率

      ・ 見積期間及びそれを超えた期間への対応

   (5)その他の主な論点と適用事例

      ・ 条件変更に伴う認識の中止

      ・ 購入又は組成した信用減損金融資産

   (6)開示項目から考察する適用影響

      ・ IFRS第9号がビジネスモデルに及ぼす影響

      ・ IFRS第9号がガバナンスに及ぼす影響

      ・ IFRS第9号が自己資本に及ぼす影響

      ・ IFRS第9号が会計監査に及ぼす影響

   (7)総括

     (注意)SICR:Significant increases in credit risk、信用リスクの著しい増大

           PD:Probability of default、倒産確率

 

 なお、本セミナーはJFAEL会員は無料で参加できますので、まだ会員でない方はぜひこの機会に会員加入をご検討ください。会員についての詳細は、「会員加入のご案内」をご覧ください。

 

 開催概要

 

[開 催 日]

東 京会場 平成30年11月16日(金)13:30~16:30

[会   場]
[東京] 大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー5階「東京金融ビレッジ」
[講   師]

坂田  響 氏(有限責任監査法人トーマツ パートナー)

藪原 康雅 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)

吉村 拓人 氏(有限責任監査法人トーマツ マネジャー)

[主   催] 一般財団法人会計教育研修機構(JFAEL)
[参 加 料]

(JFAEL会員)
 法人会員:3名まで無料(4名からは1名3,000円)
 個人会員:無料

(JFAEL非会員)
 10,000円

[JICPA CPE単位](予定)

公認会計士の方は、日本公認会計士協会のCPE単位を取得することができます。

単位数:3単位 

[実務補習単位](予定)

実務補習生は、実務補習所の講義(認定研修)の単位を取得することができます。

単位数:3単位

<注意>

※認定研修で取得できる講義単位には上限があります。

 単位認定の上限=J1:21単位 J2:6単位 J3:3単位

 

 お申込み 

 

以下の申込フォームからお申込みください。

<一般>
<実務補習生>
東京会場
(お申込み受付は、平成30年9月3日より開始します。)

 

 

◆先着順で申込を受け付け、定員になり次第締切りとさせていただきます。
◆受講票は、お申込み後2営業日以内に、ご登録のメールアドレスにお送りさせていただきます。
◆ご記入いただいた個人情報は、本セミナー及び関連するその他のセミナーのご案内に使用いたします。
◆参加料は、セミナー終了後、翌月上旬頃に請求書を郵送にてお送りさせていただきます。

 ※当日は受講票をプリントアウトしてご持参ください。

 

 

pagetop