≪JFAELセミナーの

       シリーズ一覧≫

 

■体系的な教育プログラム

■最新トピックセミナー

■税理士対象セミナー

■役員・経営幹部向けセミナー

■ディスカッションプログラム

■ワンストップ・セミナー

 

 

メール配信

研修会開催情報をメールで配信します。

【過去に開催した研修会】

 

最新トピックセミナー

 

 

 

 企業会計審議会『監査基準の改訂に関する意見書』及びこれを踏まえた監査証明府令の改正により、監査報告書に「監査上の主要な検討事項」を記載することが、金融商品取引法上の監査人に求められることとなりました。

 また、あまり注目されていませんが、監査人・監査役等・経営者の責任について記載にも変更が生じます。 これらが、監査役等と監査人とのコミュニケーション、経営者と監査人とのコミュニケーションにとって有する含意を考えます。

 また、会社法の下での会計監査人の会計監査報告にはKAMの記載は要求されていませんが、株主総会における説明義務等には一定の影響があるものと推測されます。

 さらに、継続企業の前提についての記載が含められることから、監査役等や経営者はこの点を意識する必要が高まるのではないかと思われます。皆様のご来場をお待ちしています。

 

   (1)KAMの導入が監査役・監査等委員会・監査委員会と監査人とのコミュニケーションに及ぼす影響

   (2)KAMの導入が経営者と監査人とのコミュニケーションに及ぼす影響

   (3)KAMと会社法

   (4)KAMの導入と株主総会における説明義務

   (5)KAM以外の監査報告書の記載事項の変更と監査人・監査役等・経営者の責務

 

 なお、本セミナーはJFAEL会員は無料で参加できますので、まだ会員でない方はぜひこの機会に会員加入をご検討ください。会員についての詳細は、「会員加入のご案内」をご覧ください。

 

 開催概要

 

[開 催 日] 東 京会場 平成30年12月10日(月)15:00~17:00
[会   場]
[東京] 大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー5階「東京金融ビレッジ」
[講   師] 弥永 真生 氏(筑波大学大学院ビジネス科学研究科 教授)
[主   催] 一般財団法人会計教育研修機構(JFAEL)
[参 加 料]

(JFAEL会員)
 法人会員:3名まで無料(4名からは1名3,000円)
 個人会員:無料

(JFAEL非会員)
 10,000円

[JICPA CPE単位](予定)

公認会計士の方は、日本公認会計士協会のCPE単位を取得することができます。

単位数:2単位 

[実務補習単位](予定)

実務補習生は、実務補習所の講義(認定研修)の単位を取得することができます。

単位数:2単位

<注意>

※11月以降の開催セミナーは、2018年期の単位として認定されます。

 

※認定研修で取得できる講義単位には上限があります。

 単位認定の上限=J1:21単位 J2:6単位 J3:3単位

 

 お申込み 

 

 以下の申込フォームからお申込みください。

 

 

 

◆先着順で申込を受け付け、定員になり次第締切りとさせていただきます。
◆受講票は、お申込み後2営業日以内に、ご登録のメールアドレスにお送りさせていただきます。
◆ご記入いただいた個人情報は、本セミナー及び関連するその他のセミナーのご案内に使用いたします。
◆参加料は、セミナー終了後、翌月上旬頃に請求書を郵送にてお送りさせていただきます。

 ※当日は受講票をプリントアウトしてご持参ください。

 

 

pagetop