◆新着情報◆

平成29年11月7日

<申込受付開始>

「金融商品取引法開示規制違反に係る課徴金勧告事例等について」

平成29年10月13日

<申込受付開始>

第9回ワンストップ・セミナー「フィンテックの進展が企業経営に及ぼす影響」

次回更新:平成29年12月1日(予定)


◆配信セミナー◆

ライブ配信

平成29年11月7日

<申込受付開始>

≪会場:福岡・札幌≫

「金融商品取引法開示規制違反に係る課徴金勧告事例等について」

 

録画配信

平成29年9月25日

<申込受付開始>

≪会場:名古屋・大阪≫

平成29年度開講「国際財務報告基準(IFRS)基礎講座」(全10回)

「バリュエーションの基本と実務」(全3回)

≪会場:福岡・札幌≫

「IFRS入門講座」(1日コース)

配信に関するお問合せはこちら

 

メール配信

研修会開催情報をメールで配信します。

【過去に開催した研修会】

 

最新トピックセミナー

 

 

「バーゼル規制の概要と最近の動向―会計基準との関わりを中心に―」※録画配信

 

 

 企業会計と銀行規制はともに、円滑な金融取引や金融システムの安定を図る上で、車の両輪ともいうべき重要な制度です。また、銀行規制にとっては、財務諸表の数値が「出発点」です。しかしながら、会計と規制には、目的や考え方に違いもあります。

 例えば「資本」は、会計にとっても銀行規制にとっても非常に重要な概念ですが、言葉は同じでも、両者にとっての「資本」には様々な違いがあります。この違いを反映するため、銀行規制上の「資本」を算出する上では、会計上の「資本」に様々な調整が加えられています。

 本セミナーの目的は、企業会計と銀行規制という2つの世界の関係を鳥瞰することにあります。これに加え、バーゼル規制の概要や最近の動向、特に、世界の銀行への多大な影響が予想されている、予想信用損失(Expected Credit Loss)型貸倒引当金についても解説します。 

 

   (1)企業会計の目的と銀行規制の目的

   (2)バーゼルⅠ、Ⅱ、Ⅲの概要

   (3)企業会計と自己資本比率規制の関係 ── 「資本」の捉え方の違い、等

   (4)最新のトピック ── 予想信用損失(Expected Credit Loss)型貸倒引当金

     (IFRSおよびUS. GAAP)、等

 

 本セミナーはJFAEL会員は無料で参加できますので、まだ会員でない方はぜひこの機会に会員加入をご検討ください。  

 会員についての詳細は、「会員加入のご案内」をご覧ください。 皆様のご来場をお待ちしています。

 

日 時

会 場

仙台会場

平成29年 9 月21日(木)13:00~15:00

ヒューモスファイヴ
講 師

山下 裕司 氏(日本銀行金融機構局 国際課 企画役)

主 催 一般財団法人 会計教育研修機構(JFAEL) 
参加料
JFAEL会員

法人会員:3名まで無料(4名からは1名3,000円)

個人会員:無料

非会員
1名 10,000円

単 位

(予定)

CPE
2単位 ※日本公認会計士協会のCPE単位を取得できます。
実務補習
2単位 ※実務補習所の単位を取得できます。
(※録画配信)
<一般>
<実務補習生>
仙台会場

◆先着順で申込を受け付け、定員になり次第締切りとさせていただきます。

◆参加料は、セミナー終了後、翌月上旬頃に請求書を郵送にてお送りさせていただきます。

◆受講票は、お申込み後2営業日以内に、ご登録のメールアドレスにお送りさせていただきます。

 当日は受講票をプリントアウトしてご持参ください。

 

 

pagetop